戸建てを購入しお隣との境目や、道路からの目隠しなどにフェンスを張りたいという方は多くいます。ですが、業者に頼むとなるとそれなりに料金が高く付いてしまうので、実際にフェンスを張る事はしていないという人もまた多くいるのです。確かに業者に頼むと広さにもよりますが、恐らく10万円以上はする事になります。しかしフェンスを自分で張る、つまりDIYするという方法を使えばその半額ほどで、希望のフェンスを建てる事ができるようになります。フェンスを一から作り上げるのは難しいという方でも、今はホームセンターなどへ行けば材料が揃っていて、最初からある程度の大きさのフェンスになっている物が売られている事もあります。そういった物を利用すれば、自分でやる作業はそれを周りに建てていくだけなので、意外と簡単に済みます。

フェンスのDIYはホームセンターで簡単に

とは言っても日曜大工などやったことがないという自信のない方でも大丈夫です。ホームセンターでDIY用品を一通り揃える際に、スタッフに遠慮なく質問しましょう。自分のフェンスを張りたい範囲がどの程度なのか、どのくらいの物を考えているのか、予算はいくらなのかを説明し初心者であまり分からない事も話します。そうすればスタッフはお客様に対して、自分の知識の持てる範囲で答えてくれます。質問するのは恥ずかしいと思ってしまう方は、ネットでフェンスのDIYについて調べるのもいい方法です。多数の方が自作のフェンスについて材料から作っていく工程、かかる時間などを詳しく載せているので参考になります。これを後は自分の家の範囲に応用すれば、そこまで時間をかけずともそれなりに見栄えのするフェンスを張る事が可能です。

フェンスをDIYで張る際のコツは基礎作り

事前知識を蓄えたら実際に作業に取り掛かります。フェンスをDIYで張るには、最初に基礎を作っていく必要があります。基礎はフェンスが長持ちするかどうか、例えば雪の降る地方なら冬をきちんと越せるかどうかの重要な役割を果たしますので大切です。基礎を支えるコンクリートはホームセンターで水と混ぜるとコンクリートになるインスタントのコンクリートが売られているので、それを使えば簡単に基礎に必要なコンクリートを用意できます。そして土台となるものですが、これは同じくホームセンターで売られているブロック塀を使うと便利です。最初からコンクリートで固まっているので、必要な個数を購入し並べ固めていくだけで基礎の土台を作る事ができます。土台ができたら木よりも長持ちするアルミの支柱を建てていき、それもコンクリートで固めたらいよいよフェンスを張っていきます。自分の好みに合ったフェンスが出来るよう頑張ってください。