DIYの一環としてフェンスを設置する事には、様々なメリットがあります。生活の場に華やぎを与えるとともに、プライバシーを守るための囲いの役目を果たす所です。商品もバリエーションに富んでおり、大きいものから小さいものまで用途に応じた商品が選べます。例えば庭に目隠しフェンスを置きたいと思った時にも、DIYでのフェンスの設置は有効です。もう堀などが家を囲っている場合の高さを付けたしたい場合にも、基礎工事さえきちんとすれば好きな高さに追加できます。フェンスというとグラウンドにあるフェンスを連想しがちですが、木目調のものからプラスチック、洋風に和風とニーズに合わせた大小の商品が、ホームセンターだけでなくネットでも通販可能です。通販で購入する場合には、必要となるスペースの確保と商品の面積の概算を出しておく必要があります。

DIYでフェンスを設置したい場合の選び方

フェンスを購入してDIYを行いたい場合には、押さえておいた方が良いポイントが数点あります。先の文章でも述べた設置スペースの確保と、必要とされるフェンスの大きさ確認です。大きいものを購入する場合には、基礎工事に費やすスペースの確保も必要な点も忘れないで下さい。天候や災害に影響されにくい設置場所を選び、トラブルの元となる倒壊や外観の阻害、日光の遮断といった問題にも気を配ります。次に気を付けるべきなのが、管理しきれるかどうかです。外部に設置するフェンスだと、雨天や日光に弱いものだと向いていません。特に自分で手掛けるDIYの場合は業者のケアを受けられない場合があるので、注意が必要です。フェンスの詳細をよく読み、手入れの方法や耐久年数を調べておくと後々の管理がし易くなります。

フェンス設置に伴って発生する基礎工事

DIYでフェンスを設置する上で無視できないのが、基礎工事の過程です。ここをしっかりしないと、特に大きいフェンスの場合は倒壊の危険があります。基礎に使うための穴を必要な深さ分掘った後は、柱を地面から垂直に立てる事がポイントです。目視での確認に不安が残る場合は、ホームセンターなどで売られている測定器を使うと垂直に柱が建てられます。基礎のブロックを使わずに直接地面にフェンスの支柱を埋め込む場合には、支柱の底と側面に防腐剤を塗って劣化を遅らせて下さい。購入してきたフェンスに防腐剤が塗られている場合は良いですが、そうでない場合は自分で防腐剤を塗る必要があります。その場合は室内での作業はなるべく避け、室内でしなければならない時には換気に気を付けて健康面に配慮する事をお勧めします。

これまで多くの工務店からご注文をいただいております。 ぽんと置くだけのものから本格的なDIYで施工を楽しめるタイプまで、100種類を超えるラインナップを実現しました。 フェンスを中心に雑貨や肥料などを品揃えしております。主力の商品は樹脂製のフェンスです。 ポンと置くだけのフェンスからコンクリートを使用する本格DIY仕様の物まで豊富な品揃えです。 DIYでフェンスをお求めならこちらはいかがでしょう